1. ホーム
  2. 低用量ピルについて
  3. ≫低用量ピルの副作用と正しい知識を

低用量ピルの副作用と正しい知識を


低用量ピルに対して間違った認識を持っていませんか?あなたが知っている低用量ピルの知識は古いタイプのピルと勘違いしているかもしれません。

低用量ピルにも副作用と言われるものがあります。

主につわりの症状を軽くしたものが低用量ピルの副作用になりますが、カラダが慣れるまでの間ですので、数週間で自然と治まってきます。

人によっては全くない場合も多いので、それほど怖がる必要もありません。

よく言われる、ピルを服用すると体重増加で太るという事は、現在の低用量ピルではホルモン量が少なくなっていますので、実際は太ることはありません

低用量ピルを服用するとなぜ副作用がおきるのかについて説明すると、低用量ピルを服用することで、体内で妊娠したと思わせて、排卵を抑制するようになっているからです。

低用量ピルの副作用が出た場合には


副作用が出る場合は、吐き気、頭痛、だるさなど妊娠初期特有の症状の軽いものが出る場合がありますが、殆どの人は全く症状が出ないので心配はあまりありません。

また不正出血が出る場合もありますが、これも最初の数週間で治まってきますので、服用を中止する必要はありません。

但し、不正出血が数ヶ月に渡って続くようであれば、一度婦人科に相談してみる必要があります。

低用量ピルの副作用で不正出血している場合は心配いりませんが、それ以外の病気で出血している場合がありますので、その場合は婦人科に行くことをおすすめします。

低用量ピルは避妊だけでなく、副作用を超える効果もあり、女性ホルモンが安定しますので、生理痛軽減や生理周期が安定します。

また最近では、がんのリスクも低下するというデータまで出ています。