1. ホーム
  2. 低用量ピルについて
  3. ≫低用量ピルの避妊効果については

低用量ピルの避妊効果については


低用量ピルの避妊効果は、コンドーム着用に比べたら比較にならないほど避妊率が上がります。

低用量ピルを服用している場合、飲み忘れが無ければ、ほぼ間違いなく妊娠はしないという、避妊確率は99.9%になります。

コンドームを着用していても、妊娠してしまうケースは意外なほど高いという事実を貴方は知っているでしょうか。

確かに、コンドームは正しい着用方法であれば避妊効果は高くなりますが、婦人科で中絶する女性の25%がコンドームを使用していたという事実、どう感じますか。

妊娠してから身体的にも精神的にも負担が大きくなるのは私たち女性です。

なのに避妊は男性だけに任せておいていいのでしょうか。

私はそこまで男性に決めて欲しくありませんし、妊娠した場合、男性がどう変わっていくのかも想像が付きます。

生理初日から初めて、毎日一回服用するだけで確実に避妊できる低用量ピルは、私にとって欠かせないものです。

避妊以外にも生理周期を安定させたり、つらい生理痛を和らげてくれたり、ニキビが出来にくくなったり、肌の調子が良くなったりします。

妊娠したくないのであれば低用量ピルを飲むべき


あなたも今、妊娠したくないのであれば、低用量ピルを服用することをオススメします。

コンドームよりも避妊効果が高いとされている低用量ピルは欧米では多くの女性が利用している医薬品で、先進国ほど服用する女性が多いと言われています。

日本ではまだまだ服用する女性が少ないのが現状ですが、近年、低用量ピルの利用者が増えてきている傾向にあります。

それは避妊効果はもちろん、女性ホルモンのバランスを整えることで、女性特有の悩みである生理痛や生理の時のイライラ、ストレスなども軽減してくれるというメリットがあるのも一つの理由となっています。

低用量ピルは、服用方法を間違えなければ避妊率は99.9%という数字がデータで出ており、コンドームよりも確実な避妊を可能にする治療薬です。

世界で一番多く服用されている薬は低用量ピルで、欧米では避妊を男性に任せるのではなく、女性が自分でコントロールすることが当たり前となっています。

もちろん性病や子宮頸がんの予防にはコンドームも有効な手段ではありますが、日本でも婦人科で中絶する女性の4人に1人はコンドームを着用していたという事実もあることから、望まない妊娠で人生を狂わせるリスクを抑えるためには、低用量ピルを服用することをオススメします。

婦人科でも処方して貰えますが、格安で購入するなら海外の個人輸入サイトで購入するという方法もありますので、既に服用している女性にはオススメの利用法です。