1. ホーム
  2. 口コミと特徴
  3. ≫マーベロンの口コミ評価│通販と使い方&メリットデメリット比較

マーベロンの口コミ評価│通販と使い方&メリットデメリット比較


マーベロン通販最安値はこちら 低用量ピル通販ランキングはこちら

マーベロン(低用量ピル)とは

マーベロン(低用量ピル)とは、避妊を目的とした低用量ピルで、ヨーロッパで発売が始まったのは30年以上も前で、日本でも1999年に厚生労働省で承認されてから日本全国の産婦人科などで処方されています。

マーベロンは第3世代の一相性と分類される低用量ピルで、安全性が高いことでも注目されています。

マーベロン21とマーベロン28の違いは

マーベロン(低用量ピル)には、マーベロン21とマーベロン28の2種類がありますが、違いが気になっている女性も多いと思います。

これは単に21日間飲むタイプと28日間飲むタイプの違いになり、避妊効果に違いはありません。

低用量ピルは4週間を1ヶ月として服用し、生理が終わった日から21日間、毎日低用量ピルを飲み続け、その後7日間はお休み期間を設けます。

すると、この7日間のお休み期間中に月経(生理)が来るのですが、7日間のお休みがいつからなのか忘れてしまうことや飲み忘れを防止するために、7日分のプラセボ(偽薬)が付いている低用量ピルがマーベロン28になります。

マーベロン28なら、生理が終わってから基本的に毎日飲み続ければ良いので、低用量ピルを服用し始めたばかりの女性でも飲み忘れを防止することができて安心という訳です。

マーベロン(低用量ピル)の使い方は

マーベロンの使い方はとても簡単で、マーベロン28であれば生理が終わったその日から1錠目をスタートとして毎日飲み始めます。

22日目からの7錠はプラセボ(偽薬)になりますが、生理中も飲み続けることで低用量ピルを毎日飲む習慣がつけられ、飲み忘れもなくなるメリットがあります。

マーベロン(低用量ピル)どこから飲むの?


マーベロン28にはシートの裏面に番号が振られていますので、生理が終わった日より1と書かれている錠剤から順番に飲み始めます。

マーベロン(低用量ピル)飲み始めはいつから

マーベロンの飲み始めは、生理が終わった日より1錠目からスタートします。飲むタイミングは朝でも夜でも良いのですが、毎日同じ時間に服用し続けることが大事になりますので、自分が飲み忘れることが少ないタイミングで飲むことがおすすめです。

マーベロン(低用量ピル)いつから生理が来るの

マーベロンは21錠を飲み終えたあと、プラセボ(偽薬)を飲んでいる間に月経(生理)が来ます。

マーベロン(低用量ピル)いつまで飲む?

マーベロン28は妊娠を希望する時期になるまで、ずっと継続して飲み続けます。2ヶ月目以降は生理の有無に関係なく、プラセボを含めた28錠を飲み終えた次の日より、新たなマーベロンの1錠目を継続して飲み続けます。

マーベロン(低用量ピル)のメリットは

マーベロンのメリットは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが配合されている錠剤21錠に、プラセボ(偽薬)7錠が付いた、安全性の高い28錠の低用量ピルです。

毎日定期的に飲み続けることで、望まない妊娠を防ぎ続けることができます。

また個人差はありますが、生理痛が弱まったり、生理のときの出血量が減ったり、生理前のPMS(月経前症候群)で悩んでいる症状が和らいだりします。

マーベロン(低用量ピル)のデメリットは

マーベロンのデメリットは、副作用としてエストロゲン作用とアンドロゲン作用がありますが、こちらも個人差があります。

エストロゲン作用については、乳房が痛む(妊娠初期のようなハリや痛み)、しこりができる、嘔吐、頭痛、生理のとき以外の出血、などがあります。

アンドロゲン作用については、にきび、体毛が濃くなる、体重増加、下痢などがありますが、飲んだ全員に副作用が出るとは限りません。

マーベロンを飲んで、体調に異変を感じた場合には、かかりつけの医師の診察を受けるようにしましょう。

マーベロン(低用量ピル)の価格は

マーベロンの価格を調べてみると、病院で処方される場合には診療費と処方薬代がかかります。

低用量ピルの処方は避妊を目的とした場合、健康保険の適応外になるため、診療費は病院によって費用にばらつきがありますが高額になります。

ただ月経困難症や子宮内膜症の治療ということになれば、健康保険の適応で低用量ピルが処方されるのですが、一般的には難しいのが現状です。

また病院によっては、低用量ピルの処方に否定的な医師もいますので、実際に受診しても低用量ピルを処方されない場合もあります。

自宅や勤務先の周辺で低用量ピルを処方してくれる病院や産婦人科を探すのも大変ですが、ネットや病院ナビなどを利用して、受診する前に病院に電話をして聞いてみるのが一番良い選択になります。

病院 個人輸入通販
診療費 約5,000円 なし
検査費(必要な場合) 約1万~3万円 なし
マーベロン1ヶ月分 約3,000円 約900円
公式サイト 公式HP

マーベロン(低用量ピル)の口コミと感想

女性

良い口コミ(高評価)星5個5
ピルの使用歴は4年目になりました。
はじめは産婦人科のお医者さんで処方してもらったマーベロン28を飲んでいました。でも毎月通うのも大変だし、お金も結構かかったのでネットで探してみたら、個人輸入の通販サイトを見つけました。はじめは不安も少しありましたが、ちゃんと届いてから飲み始めると、病院で処方されるマーベロンと何も変わらず、体調も普通に良いです。通販が良いのは何と言ってもお財布に優しい点です。これからもリピします。

女性

良い口コミ(高評価)星5個5
毎月のように産婦人科に通って、マーベロンを処方してもらっていたのですが、インターネットで買える事を知ってからは個人輸入の通販で買っています。まとめて6ヶ月分まで買える点も便利ですし、まとめ買いだと1箱あたりの価格がさらに安くなるので、非常に重宝しています。

女性

良い口コミ(高評価)星45個4.5
低用量ピルを飲み続けていると血栓がおこりやすいと言われたので、クリルオイルとのセットで購入しています。注文してから届くまで1週間くらいかかるので、最後の1箱を開けたら忘れずに早目に注文しています。ピルは飲み忘れが一番ダメなので、そこだけ注意です。

マーベロン(低用量ピル)の評価は

マーベロンの評価は、安全性も高い低用量ピルなので、産婦人科でも処方されています。

ただマーベロンを処方してくれる病院を探したり、避妊目的だと健康保険が使えなかったり、毎月定期的に病院に通院したり、高額な費用のことを考えると、個人輸入の通販サイトでマーベロンを購入するほうがメリットが多いのも事実です。

望まない妊娠を防ぐためにも、生理痛やPMS(月経前症候群)を和らげるためにも、マーベロン(低用量ピル)の服用を考えている場合には、近くにマーベロンを処方してくれる産婦人科があれば医師に相談することがおすすめですが、時間と費用を考えると個人輸入の通販サイトを利用するのも便利ですよ。

▼マーベロン最安値なら「オオサカ堂」のキャンペーンをチェック!
マーベロン最安値の個人輸入通販はこちら 低用量ピル通販ランキングはこちら